店外でサービス

それでは次に紹介するのはホテルヘルスやデリバリーヘルスの出張型と言われる職種についての説明です。この出張型の2つの職種にも違いがありますので、それぞれの特徴を紹介していきますね。

まずはホテルヘルスと呼ばれる職種ですが、最近はホテヘルと呼ばれ人気が広がってきています。
これは店舗の受付所で男性客がホテヘル嬢といわれる女性を選び、近くにあるホテルでサービスを受けるというものです。この際、男性客とホテヘル嬢はホテルまで一緒に行く場合や、先に男性客がホテルで待機している場合などのほか、待ち合わせをする場合もあります。
そしてホテルの部屋で性的サービスを受けるのですが、店舗型のサービスと違ってホテルの部屋には男性客とホテヘル嬢が二人きりということになりますから、よりリラックスをして楽しむ事が出来るというのが人気の秘密のようです。
サービス内容については店舗型のファッションヘルスなんかと大した違いはありません、やっぱり本番行為は禁止とされています。

そしてデリバリーヘルスと呼ばれるものですが、これは受付の近くにあるホテルを利用するのではなく、ホテルを利用するケースもありますが、たいていは男性客のお宅にまでサービスをデリバリーするといった内容です。
デリヘルと略されて呼ばれることの多いこの職種で働く女性のことをデリヘル嬢と呼び、デリヘル嬢は男性客のお宅まで、車で送迎されるので移動も楽ですし、男性客も自宅で待つだけでサービスを受けることが出来るというメリットがあります。
しかし一昔前まではデメリットも多く、このデリヘルというのは、男性客が電話で申し込むことが一般的だったので、デリヘル嬢の見た目がわからず、好みのタイプに沿った女性を選ぶものの、いざ家に来てみるとタイプではないということが良くあったようです。そこで男性客はデリヘル嬢の交代を申し出ることが出来るのですが、こうするとまた時間もかかり、別途チェンジ料も必要になると言うデメリットがあったのですが、最近のデリヘルはモバイルサイトなどでデリヘル嬢の容姿が確認出来るほか、出勤状況などもチェック出来るため、利用する人達もふえていっているようです。
こちらもサービス内容についてはホテヘルと大して変わらず、店舗によってはお客の趣味に合わせたオプションを別途料金で各種揃えているところもあるようです。