難しい志望動機

印象に残るようアピールする!

印象に残るために

アルバイトをするためにまず通らなければならないのが面接ですよね。どうしてここで働きたいと思ったのか、ここで何をしたいと思ったのかに答えなくてはいけません。「楽しそうだから」「お金を稼ぎたいから」という答えはすぐに用意できても、求められているような答えではないような気がして面接を受けにいく方は履歴書を書くときに頭を悩ませるものでしょう。
そんなときに一番いい方法は、まずお金を稼いだ後の目標をしっかりと持っていることです。「旅行にいきたい」「ライブにいきたい」「好きなものを買いたい」など、それがあると第一段階クリアです。次に「どうしてここで働きたいのか」というところに目を向けます。ここがもっとも大切なところです。お金を稼ぐ手段はたくさんありますが、「ここでないといけない!」と思わせるような志望動機が必要になります。そんなときに企業はどんな人材を求めているのかをしっかりと把握しておくことがポイントになります。求めている人にぴったりマッチしていることや、自分の苦手としていること、共通点や相違点がでてきます。その中でアルバイトを通じて苦手を克服していきたいと伝えることや、いいところを生かしてさらに伸ばしていきたいなど自分の意思を伝えることで企業に対する理解や興味を持っていると示すことができますよね。何も知らない人に来てもらうよりも、興味をもってくれている人の方が印象がいいのは企業であっても人であっても同じことだからです。新しい自分の世界を広げるためにも、いろんなことに挑戦してみてください。

Comment

*